靴下を適切に扱うための心得について

靴下を適切に扱うための心得について

頑固な靴下の汚れをきれいに洗濯する方法

小さな子供はなりふり構わず遊ぶため、衣類がすぐに汚れてしまいます。
その中でも靴下は、洗濯機で洗っただけでは頑固な汚れが取れず、苦労している人も多いのではないでしょうか。
そんな頑固な靴下の汚れには、つけ置き洗いが効果的です。
真っ白なものは、漂白剤を入れたぬるま湯の中に2時間から3時間つけておき、その後普通に洗濯すると、おろしたてのような真っ白な色になります。
色柄物は、濃い目に洗剤をといたぬるま湯の中に一晩つけておき、その後通常通りに洗濯機で洗うと、泥汚れなどもしっかり取れ、鮮やかな色が再現されます。
また、つけ置き洗いが面倒だという人には、液体洗剤を直接汚れの部分につけ、そのまま洗うだけでもきれいに落ちます。
洗剤は、酵素系洗剤の方が汚れ落ちが良く、水よりも、ぬるま湯で洗うほうが、洗浄力が高まるのできれいに洗えます。
ちょっとした手間をかけるだけなので、靴下の汚れが気になる人は、試してみてはいかがでしょう。

靴下がきれいになる洗濯方法は

毎日使用する靴下ですが、洗濯をちょっと工夫することで、更にきれいにすることができます。
スポーツなどで汚れたものは、一般の洗濯物とは分けて、漬け置きしておくと、汚れが落ちやすくなります。
ドロ汚れ専用などがありますので、種類を選んで使うと良いでしょう。
普段使いの靴下は、毎日新しいものと交換するのが健康にも良いですね。
1日穿いたら、裏返しにして(皮膚に接触していた面が外側になるようにして)洗うと、皮脂汚れや、中に残りやすい繊維クズなども一緒に取れやすいです。
また、干す時は、裏返しのままではなく、表面が外側になるようにしましょう。
太陽光によるゴムの痛みが少なくなるので、長持ちさせることに繋がります。
さらに、穿き口を閉めて干すのではなく、空気が入るように吊ると、乾きが早くなり、臭い発生の予防にもなります。
お気に入りの靴下を長く使うには、少し多めの枚数を用意しておいて、ローテーションで使うようにすると長持ちして、快適に過ごすことができます。

 


△TOPへ

『靴下 洗濯』 最新ツイート

@asai1143501

ヒドイ汚れは洗濯板で洗う 子供の靴下などのヒドイ汚れは、昔ながらの洗濯板と洗濯石鹸で洗ってから 洗濯機の短時間コースで洗いましょう。 汚れもスッキリ落ちて、電気代も節約できます。

48分前 - 2021年01月23日


@bn_rn_az

忙しくて旦那に保育園袋の処理頼んだのにいざ洗濯してみたら帽子は入ってないわ靴下は入ってないわで役立たずにも程がある…ってこんな時間から2回目の洗濯機回してるし1人でブツブツ旦那に文句言ってる😂ほんと1〜10まで言わな分からんのかいな…ひとりスヨスヨ寝息立てて寝てんじゃねー!😒💢

1時間前 - 2021年01月23日


@jpmjppgd

洗濯物を取り込むとき「こちらの家では今、靴下の収穫が最盛期を迎えています」と脳内で言うと不思議なくらい気分が上がってどんどん取り込んじゃう。タオルも職人みたいな手つきでたたんじゃうしインタビューにも応じる。ええ今日は天気も良かったのでかなりいい具合に仕上がってますね。

1時間前 - 2021年01月23日


Copyright 2015 靴下の履き心地 All rights reserved.